子供が産まれたらまずは絶対必要なアイテムの一つ、哺乳瓶。実用性重視の物からオシャレで持っているだけで写真に撮りたくなるような物まで、店舗に行けば様々な哺乳瓶が売られています。そこで実際に使用した哺乳瓶の中からオススメの哺乳瓶と「ちょっと失敗だったかな・・・」という哺乳瓶まで紹介したいと思います。

・そもそも哺乳瓶って必要なの?
「私は母乳で育てるから・・・」「ミルク代ってお金かかりそう・・・」という方にこそ、哺乳瓶をオススメします。私自身も完全母乳で子供を育てていましたが、たまには子供を主人に預けて外出したい!という時には母乳を絞って哺乳瓶に入れて置く事で安心して出かける事が出来ました。また、急な病気などがあった時に薬の影響で母乳をあげられなくなる時等に備えて一つはお守りとして持っておくと安心です。(その場合、産まれてすぐから哺乳瓶の乳首を吸わせて慣らせておくことが大事です。)

・どんな哺乳瓶が良かった?
私がいくつか使ったなかで一番使用頻度が高く使いやすかったのはピジョンの「母乳実感 哺乳瓶」です。ガラス製とプラスチック製(どちらも耐熱)と選ぶことができます。私は何度も熱湯消毒をする事、ブラシで洗った時に傷がつきにくそうな事からガラス製を使用していました。

オススメの理由としては、まず持ちやすい!ボトル自体が少しカーブしており手にフィットするように作られています。夜中の授乳中、寝不足体力不足でボーっとしながらの授乳中にあまり力を持ちやすく落としにくくとても便利でした。さらに広口タイプなので調乳も洗浄もしやすく、洗う為のスポンジ等も必要じゃない所がとてもよかったです。

・逆に買って「ちょっと・・・」と思った哺乳瓶は?
買ってみたものの、使ってみたら意外と使い心地が・・・という哺乳瓶ももちろんありました。一つは海外製のおしゃれな哺乳瓶。独特な流線形でなぜか四角形の哺乳瓶で、とにかく洗い辛く専用の洗浄用ブラシを購入して何度か使用しましたが、正直ピジョンの哺乳瓶の方がずっと使いやすくてすぐにお蔵入りになりました。

もう一つは同じく海外製のもので、こちらはとにかく重い!使いやすさは特に問題ありませんでしたが、ミルクを入れると片手で支えるにはちょっと厳しい重さで、こちらも何度か使ってみたもののすぐに使用をやめてしまいました。さらに乳首が日本では市販しておらず、成長に合わせてネットで送料をかけてわざわざ購入するのも勿体ないなぁと感じたのも一つの理由です。

・オススメの哺乳瓶は、『軽い、持ちやすい、すぐ買える!』
哺乳瓶の絶対条件はまずは軽い事!一日中抱っこやオムツ替え、背中のトントン等お母さんの手首は一日も休まるときがありません。抱っこのしすぎで腱鞘炎になるくらい酷使される手首です。少しでも負担のない軽さ、そして持ちやすさが何より大切だと感じました。

そしてもう一つは、同じものがもう一本欲しい!乳首の形を変えて試したい!と思った時にすぐに購入が可能な事です。哺乳瓶は明日でもいいやー、ではなく「今この瞬間で必要!」な物なので、欲しいと思った時にはすぐに買いに行ける、手に入れられる事が大切だと感じました。

以上、いかがでしたでしょうか?今は見た目にも可愛く使いやすい哺乳瓶もたくさんありますので、アドバイスを踏まえつつ使っていて楽しくなるような哺乳瓶をぜひ選んでくださいね。