クロスタイプの抱っこ紐はオススメ

私が幼子2人を育てた中で、当たりだったグッズと、外れだったグッズを紹介します。

クロスタイプの抱っこ紐はオススメ

初めての子育てで、誰しも抱っこ紐を吟味していいものを購入されているかと思います。腰に負担のかからないもの、新生児から使えるものなど、子供の月齢が小さい時はそういった高級ラインの抱っこ紐が活躍すると思います。しかし、子供が歩き始める頃になると、外出が多くなり、基本的には子供自身に歩かせたり、ベビーカーで外出したりします。

子供がいると外出先も限られますが、子供OKな施設だとベビーカーの貸し出しをしている所も多いです。そうなってくると、家から車に乗せるまで、とか、電車に乗っている間だけ、とか短時間しか抱っこ紐を使用しないシーンが増えていきます。

そうすると、さっと子供を出し入れでき、かつバックに収めてもかさばらない「クロスタイプ」の抱っこ紐が大活躍します。基本的には肩だけで子供を背負うタイプなので長時間使用には向きませんが、小さく折りたためるし、布を縫い合わせただけの薄手のものなので洗濯してもすぐ乾くので清潔に保てます。低月齢時期でも、基本の高級ラインの抱っこ紐の洗い替えとしても活躍するので、2本目としてお持ちになることをお勧めです!

ベビーラックやバウンサーはレンタルで十分

我が家の子供は、電動ベビーラックは揺れ方が気に入らなかったのか、電動にするとギャン泣き、そもそもベビーラックに置くだけでギャン泣きし、数回使っただけで物置と化しました。結局子供は、ほとんど抱っこ紐で担いで生活していました。元々レンタルで使用していましたが、購入していたら大損していたと思います。

その後、寝た子供を一時的に置く場所が欲しくて、バウンサーを購入しました。しかし、こちらも置くだけでギャン泣きするので、毎回寝かせつけした後バウンサーに寝かせるまでの工程に、非常に神経を使いました。第二子が生まれた後は、第一子の時の反省を生かし、布団で添い乳で寝かせていました。そうすれば、寝た子を動かす必要もないし、子供も母親の匂いのする布団の方がベビーベッドやバウンサーよりもすんなり寝てくれました。

そもそも、ベビーラックもバウンサーも必要なかったな・・・と非常に後悔しました。上の子にいたずらされる心配のない第一子なら、布団に添い寝で十分、ベビーベッドもベビー布団もベビーラックもバウンサーもいらないと思います。子供が窒息しないようにこまめに子供の様子をチェックする必要はありますが、一度寝た子をそっと置いては起きてしまって、また寝かせつけのやり直し・・・なんてことがなく、ママもストレスが少ないですよ。